顎関節症の治療を受けても治らなかった方へ 顎関節症の”本当の原因”をご存知ですか?根本治療であなたのそのツラさを解消します。
マンガ

このようなことが起きていませんか?

「あごが痛いんだけど、どこで診てもらえばいいの?」
「もうずいぶん前から悩まされているから何とかしたい!」
「治療のためマウスピースを付けてるけれど、
  これでいいの?」

はじめまして。
顎関節症相談センター、えなつ歯科・矯正クリニック院長の江夏国禎です。

顎だけでなく、他の症状を誘発することがあるので、整形外科や脳神経外科、耳鼻科などに通う方もいらっしゃいます。
しかし、顎関節症で悩んでいらっしゃる場合は、歯科医院に行くことをオススメします。

実は、顎関節症はただ治療すればよいというわけではありません

そもそも顎関節症とは何でしょうか?
簡単に言うと、“あごの関節に異常が生じている状態”のことをいいます。

軽い症状のものから重い症状のものまでさまざまで、顎関節症と気付かないまま日々過ごしている方もいらっしゃいます。
「これはいつものこと」と諦めてしまっている方もいるのです。

食べものを噛むときにあごが痛かったり・・・ 口を大きく開けられなかったり・・・ あごを動かすときに
音がしたり・・・ 口をちゃんと閉じることができなかったり・・・

と、日常生活に不具合が生じるのが顎関節症です。

そんなときに「早く治したい」と思うわけですが、実は、顎関節症は“ただ治療すればよい”というわけではないです。
治療の仕方によっては、あなたの顎関節症が悪化するおそれもあります。

顎関節症治療の3つの問題点

問題点1

問題点2

問題点3

顎関節症の“本当の原因”とは?

では、いったい原因はどこにあるのでしょうか?

実は、顎関節症を引き起こしている要因の約80%は「噛み合わせ」にあるといわれています。
噛み合わせがうまくいかないことにより、あごへの不調が起きているのです。

噛み合わせが良くないと、強い圧力が「顎関節や歯、歯の周りの組織」にかかり、影響を与えます。
それにさまざまな生活習慣が加わることで、顎関節症を発してしまうのです。

「噛む」という行為は、毎日おこなわれます。あなたが思っている以上に、歯とあごに負担をかけています。
その積み重ねが体へに負荷をかけるのです。

歯科医院の治療により、顎関節症が引き起こされることもあります

歯医者さんでも気づいていないことがあります。

それは、どんなことかというと“歯の治療によって、顎関節症が引き起こされる”こともあるということです。
治療することによって、次第にあごに異常が出てきたという方もいらっしゃいます。

なぜ、このようなことが起きるかというと、「歯を削る」ことにより歯の高さが変わるからです。歯の高さが変わることで、噛み合わせが悪くなります。以前はうまく噛めていたのに、治療後にズレが生じてしまうという事態に陥ってしまうのです。

また、「入れ歯」も同じです。あなたの歯にちょっとでも合わない入れ歯を使うことで、噛み合わせの異常が出てしまいます。

その他にも、「歯が抜けたままになっている」場合や「歯並びが良くない」場合なども噛み合わせに関わってくることです。

そして、その異常が臨界点に達したとき、顎関節症としてあごの異常へと発展します。

さらに、そのまま放っておくと・・・

あなたの痛みを根本から改善しませんか?

痛みを根っこから解決したいと思いませんか?

顎関節症相談センターでは、顎関節症の専門家があなたの痛みを診断し、治療いたします。
噛み合わせ次第で、ツラかった生活が快適な生活へと変わります。

あごだけではなく、あなたの体全体の健康のためにも必要なことです。
心のストレスにもつながらないように早めの診断をオススメします。

当院の7つの特色

当院の7つの特色

治療の流れについて

治療の流れについて

まずは、ご相談・ご予約ください。「顎関節症のホームページを見て」とお気軽にお電話ください。

099-297-6480

(受付:9:00~13:00/14:00~18:00 日曜・祝日休診)

メールでのご相談・ご予約はこちら
小冊子 『顎関節症治療の常識・非常識』を無料プレゼント!

よくある質問

顎関節症の治療は健康保険が適用されますか?
顎関節症の治療に限らず日本の健康保険で適用が認められているのは、基本的には今ある痛みなどの症状を軽減する対症療法です。
対症療法に関しては全国どこの歯科医院でも健康保険適用されている歯科医院では治療を受けることができると思います。

当院では単に今ある痛みを取り除く対症療法では不十分だし、患者さんの大切な歯を生涯にわたって維持していくことはできないと考えておりますので、顎関節症に限らず、歯科に関わる治療全般において原因療法を採用しております。
原因療法ではその症状が起きた原因を徹底的に調べ上げ、その原因を除去したり、お口の状態や噛みあわせの状態をその方にとって最善の状態に持っていくためのご提案をするやり方
で、健康保険がない他の先進国の歯科医療機関では一般的に行われている手法です。
こちらの原因療法は保険適用外の治療となりますが、対症療法を繰り返して、歯をどんどん悪くして歯を失ってしまう方が日本人の大半を占めております。
ご自身の大切な臓器の一つである歯を大切にしなかったばかりにその歯を取り戻すために多大な時間と出費を余儀なくされてしまったり、食べれないこと、噛みあわせが悪いことによる健康トラブルに悩まされる人生を送り、結果的に健康寿命を短くしてしまう方が非常に多いので、少しでも若いうちに最善の治療に取り組むことをお勧めいたします。
顎関節症の対症療法と原因療法の違いはなんですか?
顎関節症には様々な症状がありますが、対症療法では主に顎関節の痛みに限局してその生じている痛みをとる治療を行います。
一般的には消炎鎮痛剤を用いたり、スプリントと呼ばれる装置を作ってその装置をはめてもらうことにより顎関節の圧迫を減らし、痛みを一時的に軽減する治療方法です。
対症療法では一時的には症状は緩和しますが、顎関節症を引き起こした原因はそのまま残るので、そのお薬やスプリントを使わなくなるとまた症状が出てきてしまうのが欠点です。

それに対して原因療法ではもちろん今ある痛みなどの症状を除去したり、開かなかった口を開くようにしたりはもちろんするのですが、顎関節症が起きた原因を様々な精密検査で調べ、症状が起きた原因を特定します。
そして今後同じような症状が起きないように顎関節症を引き起こしている根本的な要因を除去する治療方法となります。
顎関節症の原因療法を受けると顎関節症は100%治りますか?
顎関節症の症状はどれくらいの期間で治って、いくらくらい費用がかかるのでしょうか?
顎関節症の原因の約70~80%くらいは噛みあわせにあるといわれております。その他歯並びが原因となっているもの、顎関節の変形によるもの、間接円板の変形によるもの、食いしばりや歯ぎしりによるもの、片咀嚼によるもの、あごや筋肉に負担をかける癖や習慣によるもの、その他お口を大きく開けすぎたり、顎や顔面を強く打って顎関節や人体を損傷しているケース、ストレスや心因性のものなど原因は様々です。一般的には対症療法で治らない顎関節用は「精神的な原因」とされてしまい、必要のない抗うつ剤が処方されているケースが多々あります。

当院の原因療法ではまず顎関節症がどこから起きているのかを様々な検査を行うことにより特定し、歯や歯並び、噛みあわせによる問題が原因となっているものに関しては当院にて治療をおこない、それでも治らないその他の原因のものに関しては他の分野のエキスパートご紹介いたしますので、どうぞご安心してご来院ください。

治療の期間や費用は患者様の症状や状態によって異なります。3回くらいの治療でまったく症状がなくなる方もいらっしゃれば、歯並びが悪いことが原因で顎関節症が起きている場合は歯並びを治すのに1~2年かかることもあります。また歯の欠損が多く、噛みあわせが崩壊してしまっていることが原因で顎関節症が起きているような場合は欠損部を補ったり、噛みあわせを治療することが必要となるので、治療期間はその方のお口の状態によって異なります。

顎関節症の治療費用は、初診料として1万円(税別)【最初にお口の診査とカウンセリングをさせていただきます。】顎関節症の精密検査・診査診断料・治療の基本費用が30万円(税別)、 それに加えて、虫歯や歯周病などの一般歯科の治療が必要だったり、外科的治療が必要だったり、スプリントや入れ歯などの補綴治療が必要だったり、矯正治療が必要な方はその分の費用が別途かかります。

顎関節症の痛みや苦しみは三食の食事を苦痛にし、食べたいものを食べれなくしてしまい、大きく口を開けて笑えなくないなど人生の楽しみを半減させてしまう原因となってしまっている方が多いです。当院での顎関節症の治療はそれなりの費用がかかりますのが、食べたいものを何でも食べられるようになる、大きく口を開けて笑えるようになる前向きな人生を取り戻すことができたらどんなに素晴らしいことでしょう!顎関節症の治療がそんなきっかけとなることができたら幸いです。お悩みの方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

最後に・・・噛み合わせは全身の健康にもつながっている

ここまでご説明しましたとおり、噛み合わせはあごの問題だけではありません。
全身に関わってくる問題なのです。

あなたが毎日スッキリと快適に過ごしていくためにも、
噛み合わせの異常を改善していくことが欠かせないことです。

あなたにとって本当に必要な治療をおこなっていきます。
まずは、お電話ください!

顎関節症相談センターえなつ歯科・矯正クリニック 院長 江夏国禎

まずは、ご相談・ご予約ください。「顎関節症のホームページを見て」とお気軽にお電話ください。

099-297-6480

(受付:9:00~13:00/14:00~18:00 日曜・祝日休診)

メールでのご相談・ご予約はこちら
小冊子 『顎関節症治療の常識・非常識』を無料プレゼント!

▲ページTOPへ